一般車両 車検・整備・板金等はこちらから
大型車両 車検・整備・板金等はこちらから
中古車販売をお探しの方はこちらから
インジェクター洗浄サービス お得なクーポンページはこちら

リサイクルパーツのメリット・デメリット

リサイクルパーツのメリット・デメリット

日付:2014年05月12日(月)
国土交通省では自動車リサイクル部品活用を推進しています。
リサイクルパーツは廃棄物とCO2を削減できます。例えばバンパー交換にリサイクル部品を使用すると樹齢50年の杉の木を約1.8本分植えるのと同じ効果があるんです!!
ドア→CO2を105,1㎏削減   バンパー→24,8㎏  エンジン→454,7㎏  ラジエーター→23,3㎏

そこで!リサイクルパーツのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。
まず、メリットは環境に優しいプラスなんといっても安さです。車の修理代を少しでも抑えたい方におススメです。同色であれば塗装の必要がなくなります。
損傷パネルによっては付随作業として脱着作業が加算されますがそれもなくなります。
程度の良い同色の物が見つかるとラッキー♪(新しいお車や程度の良いものは新品パネルと料金があまり変わらない場合もございます。)

デメリットは・・・
お車の車種・年式・グレードにあったものが見つからなければ利用はできません。
リサイクルパーツの為、お車の同じ型のパネルがあったとしても小さなキズやへこみなど、小さな石ハネのように細かいキズが多少あります。(もちろんキレイな状態のものもあります!)
また同じカラーでも前の所有者さまが屋根のない駐車場などに長い間駐車しておくと色褪せしている事があります。
リサイクルパーツ屋さんの判断でお客様にはどのようなパネルなのか在庫を確認しお伝えしてから注文致します。

そろそろ買い替えを考えていてそこまで修理代にかけたくない!という方や他にもキズがあるからそこまでキレイに直さなくてもいいかな~なんてお客様はリサイクルパーツを使うという修理もありますので参考にしてみてください。
● 過去のデイリー日記(一覧